2019年6月29日土曜日

クトゥブッディーン『アラビア語演説:技巧と機能』

Qutbuddin, T. (2019): Arabic Oration. Art and Function (HdO 1.131). Leiden: Brill. [xvi, 644 pp.]

全人文学徒、少なくとも全アラビスト待望の、古典アラビア語演説に関する包括的な歴史研究が出版されました。この感動を全日本語話者と共有すべく、以下、出版社の公式ページから要旨と目次を和訳(意訳)して転載します。

『アラビア語演説:技巧と機能』は、実例となる数々のテクストとオリジナルな翻訳をふんだんに収録したナラティヴである。本書でターヘラ・クトゥブッディーンは、この傑出した文学ジャンルをめぐり、その口述面での基礎が形づくられた時代、西暦 7-8 世紀に焦点を当て、包括的な理論を提示する。著者はまず預言者ムハンマドやアリー、他の政治的軍事的指導者、さらには数々の著名な女性に帰される講話・説教の分析を通じて、演説とテーマ、保存状況と出自、構造とスタイル、演説者と聴衆のあいだの権威関係のダイナミクスに関し、それぞれの範となる諸類型を査定する。そして口述文化から高度な教養文化へのシフトや、中世の公文書簡に対する演説の影響に関しても、考察を行う。くわえて当該ジャンルが現代のムスリム世界にどう反響しているかも探ることで、著者は今日のモスクにおける礼拝指導者や政治指導者の講話を解読するための高感度ツールを提供する。

序論 1-20
演説の保存状況:記憶術にもとづく口承、補筆、そして真正性の問題 21-63
演説の構造:宗教的・政治的メッセージを強めるために慣習的に採用されてきたさまざまな構成要素の文脈化 64-90
演説のスタイル:口述性と説得の美学 91-164
演説家と聴衆:公的空間と権威、交渉のダイナミクス 165-228
宗教顧問(?: Pious Counsel)の説法:人倫、有徳な生、そして来世への準備 229-274
金曜日と祝祭の説法:儀礼と敬虔、政治と戦争 275-291
戦闘演説:馬と剣、戦術と倫理、発奮と祈り 292-332
政治的講話:継承と即位、管理と政策 333-368
その他のカテゴリー:立法、神学、神託、婚姻に関わる演説 369-382
女性の演説:王権にもとづく権威、沈黙を破るトラウマ 383-405
口述と文語のハイブリッドな連続体に観るアラビア語散文への演説の影響 406-431
現代ムスリムの説法と講話に対する古典期アラビア語演説の影響 432-484
演説の補遺:レファレンスとインデクス 486-551
初期のアラビア語演説家 552-561
アラビア語文学ターム
文献目録
索引

2019年6月28日金曜日

夏の予定 2019

この夏はスケジュールが比較的タイトになりそうなので、備忘録として、ここにまとめておきます。疑問符がついているものは、まだ確定していないものです。

7 月 イスラム学紀要論文(アームリーの学問論:テクスト訳注)提出(半ば)、宗教学会口頭発表(イージーのコスモロジー)のための資料読み、希亜羅哲学会発表準備(?)
8 月 古典語中級読書会参加、非常勤の準備(!)、イブン=トゥルカの数学論論文化
9 月 非常勤開始希亜羅哲学会発表(?)、宗教学会発表

9 月、他にも何かあったような気がするけど、何だったっけ…。しかしこういうなかで、新しい論文や本をバンバン出しているポスドク諸氏、さらには常勤諸氏は、一体どういう頭と体をしているのだろう。少なくとも今夏は、博論増補改訂のための文献読みを細々と続けられたら御の字かな。あと、面倒だけど、大事なことなので、出版時に問題にならない博論からの雑誌論文の切り出し方(ドイツ語 / 日本語なら OK なのか、それとも英語でも丸々同じでなければよいのか等)を、叢書のエディターに確認する。

2019年5月2日木曜日

三浦「アラビア数学における幾何学的発想の起源と展開」

三浦伸夫(2006):「アラビア数学における幾何学的発想の起源と展開:クーヒーの幾何学的著作から」『国際文化学:神戸大学国際文化学部紀要』25, 65-106.[ここから入手可]

「代数学」を意味する algebra がアラビア語の al-ğabr に由来することからも、アラビア数学は一般に代数学の発展と結びつけて理解されることが多い。しかしそれだけがアラビア数学の全てでは、もちろんない。数論・三角法・組み合わせ法等の様々な分野でも、アラビア数学は目覚しい展開を遂げていた。なかでも、注目すべきは幾何学。これはアラビア数学発展の契機がそもそもギリシア数学の翻訳・導入にあり、かつそのギリシア数学が幾何学によって特徴づけられるものだった、という点からも自明のこと。数学者・天文学者・詩人として有名なウマル・ハイヤーム(1131 年没)が三次方程式を解く際に幾何学的解法(円錐曲線の交点上に解を見出す方法)を確立したことはよく知られているが、このような解法の確立には、その準備として幾何学そのものの成熟がとりもなおさず必要だった。この点に、疑いはない。

以上のような観点から、本論文では、アラビア数学史の初期を代表する数学者アブー=サフル・クーヒー(10 世紀後半にブワイフ朝宮廷で活動) の数学諸著を取り上げ、アラビア数学における幾何学的発想の起源と展開が検討されます。彼は他ならぬハイヤームによって「イラクでもっとも偉大な幾何学者の一人」として数えられるほどの人物であり、ビールーニー(1048 年没)やイブン=ハイサム(1040 年没)によってもその名が言及されているそうです。ちなみに「クーヒー」(Kūhī)とはペルシア語の「山」(kūh)から来たニスバで、カスピ海東部のタバレスターン出身であることを示すとのこと。とはいっても、細かい数学(史)的諸議論は、私には適切にまとめることができそうにありません。著者の説明をただ引き写すだけなら、上のリンク先からめいめいにその実際の内容を確認してもらったほうがはるかに有益と考え、以下では個人的に興味を惹かれたアリストテレス運動論に対するクーヒーの批判についてのみまとめておきます(86-88頁)。 

アリストテレスは「有限の時間において無限な大きさを通過することもできない」 (『自然学』238a20)とする。当時、このアリストテレスの主張を批判する者はあまりいなかったが、クーヒーはこれに公然と異を唱えた。彼は小品『限定された時間に無限の運動が存在するという事について』の中で、以下のような議論を行っている: 

直径 AC の上に中心を点 D とする半円 ABC を考える。直径上に垂直に置かれた物体を想定し、それを DE とし、半円 ABC 上を A から出発して動く発光体を考えよう。その光線は点 e にある物体の頂点に落ちる。物体の頂点の影の運動は限定された時間の中での発光体の運動に関係し、始点も終点もない、と私は言う。実際、もし我々が、点 H が物体の頂点の運動の始点であると仮定するならば、そしてもしそれを物体の頂点と、我々が延長する直線たとえば直線 GEH によって結ぶならば、その直線は半円 ABC からある弧(AG とする)を切り取るであろう。もし我々がこの弧を点 I で二つの部分に分けるならば、そしてこの点から物体の頂点まで直線たとえば IEK を引くならば、それは始点に先行し K である点に落ちるであろう。しかしこれは不可能である。同様に、他の部分でも、物体の頂点の影の運動は始点も終点も持たないことを我々は示すであろう。このことが証明すべきことであった。この小編が完成できたのはただ神のみのおかげである。 


(87 頁より転載)

ここでは発光体が G から始まり I に進むと、DE の頂点 E は HK を描く。発光体が G から A に進むのは有限時間であるが、射影は K から無限遠点に進むことになる。これは実際ありうることである。だから、アリストテレスの先の主張は明らかに誤っている、というのがここでのクーヒーの議論の主旨だそうです。 著者によれば、ここで着目すべきは次の 2 点(88頁)。(1)クーヒーは暗黙裡にアリストテレスの可能無限の立場を批判し、実無限の立場を主張している。(2)アリストテレス以来、異種学問における対象と論証法の相互適用は原則として禁じられており、中世スコラではそのタブーが破られ、多様な展開を見せる(らしい)が、このクーヒーの議論(自然学を幾何学[数学]の方法を用いて論じる)から見るに、すでにアラビアではその禁則が解き放たれていたものと考えられる。

『イスラム思想研究』創刊

私の出身研究室である東大イスラム学研究室の紀要が創刊されました。その名も『イスラム思想研究』。巻末の執筆要項によれば、発刊は年に一度のようです。東大のリポジトリで公開されており(ここ)、ウェブ上では先月の時点でも話題になっていましたが、本日、紙媒体のものを郵送で拝受したため、せっかくなので目次をあげておきます。

序文
  イスラム思想研究創刊に寄せて  柳橋博之 1
論文
  一時婚(ムトア)に関するシーア派とスンナ派の論争:古典時代から現代まで  青柳かおる 3
Note
  Was the Worldview of the Early Imāmiyya Deterministic and Dualistic? Analysis of Ḥadīth Literature Written During the Minor Occultation  Takahiro HIRANO 25
翻訳
  アブー・ユースフ『租税の書』の解題と翻訳  早矢仕悠太 39
翻訳
  ガザーリー『大衆に対する思弁神学の禁止』:解題・翻訳ならびに訳注  木村風雅 49
翻訳
  スフラワルディー著『照明哲学』翻訳・訳注:序文および第一部第一巻  宮島舜 65
翻訳
  イブン・アラビー著『魂と霊の真知に関する論攷』翻訳  相樂悠太 83
Translation
  English Translation of Faḫr al-Dīn al-Rāzī’s Summary of Theology  Hisashi OBUCHI 101
翻訳
  クトゥブッディーン・シーラーズィー自伝:『医学典範注釈』序文翻訳  矢口直英 125

2019年5月1日水曜日

発表要旨模索中

秋の宗教学会で友人の研究者たちとパネルを組むべく、発表要旨を考えています。パネル全体のテーマは応募前なので差し控えておきますが、私個人の発表は博論で部分的に扱った神学の学問論を根本に据えるつもりです。ただ、それだけだと面白みに欠けるような気もするため、本年度からの研究課題とも絡めて、ポスト・アヴィセンナ期のカラーム・テクストに見られるコスモロジーを扱えたらと考えています。というか、扱えそうかどうか、目下確認作業中です。〆切は連休明け。一切の目処が立たなければ、今回は学問論のみで行きます。哲学的な学問論がいかに宗教学的探究の枠内に落とし込まれるのか、気になる方はぜひとも会場までお越しください。いや、まだ応募すらしていないんですけどね。

2019年4月21日日曜日

トルコ至宝展:チューリップの宮殿、トプカプの美

国立新美術館で開催されているトルコ至宝展を見てきました。小規模ではあるものの、じっくりと見てまわれば 2 時間は要する見応えのある内容で、とても楽しめました。ただ、全体的に美術品を美術品として展示することに終始している印象で、美術史に明るければ別でしょうが、私のような人間にとっては、具体名を挙げて言及される建築家や画家の当時の活動の詳細だとか、政治・社会状況との関連なども説明してもらえたほうが、楽しめたように思います。

個人的に興味深かったのは、挿絵付きのチューリップの品種便覧。16 世紀になり、チューリップの品種改良が盛んになるにつけ、新たな品種を作り出した者には、その旨を報告する義務が課せられるようになったらしく、このような経緯のもと、帝国内で手に入る(?)チューリップの全品種を網羅した挿絵付きハンドブックが作成されるようになったんだそうです。また帝国史上、スルタンの権威を視覚的に表現(強調)すべく、建築家や金細工職人、陶器職人らがさまざまな芸術作品を作り出したようで、それらのおそらくほんの一部が展示されてはいましたが、彼らの制作活動の背景に何らかの宗教的理念があったりはしなかったのか、という点も気になりました(この点については、すでにいろいろな研究が出ているのだろうとは思います)。

2019年4月10日水曜日

プリンチーペ『錬金術の秘密』第 1 章(ギリシア・エジプトの「ケメイア」)

プリンチーペ、ローレンス・M. (ヒロ・ヒライ訳[2018]):『錬金術の秘密:再現実験と歴史学から解きあかされる「高貴なる技」』勁草書房、9-33.

昨夏に出版されるや、日本の人文学とその周辺の話題を見事にかっさらった、いわずもがなの名著。2013 年に The Secrets of Alchemy というタイトル(副題なし)のもと英語で出版された原著が、西欧科学史研究を世界的に牽引するヒロ・ヒライ自らによって訳出され、解説付きで出版されたという時点で、日本語母語話者にとっては福音というほかありません。先日の博論口答試験を機に、この名著に一部目を通したため、今回はひとまず第 1 章のみ内容をまとめておきます(テュービンゲンでは、口答試験は defensio[博論本体のディフェンス]と disputatio[特定テーマを中心とした自由討論]からなり、後者のテーマとしてアラビア錬金術・魔術、とりわけジャービル文書を選択したため)。なお、本書のもっとも大きな特徴のひとつは、副題にあるとおり、錬金術史を一方で歴史学的文献学的手法で取り扱いながら、他方で錬金術たちの残した金属ないし物質変成のプロセスに関する記述を、著者自身(科学史への転向以前に、化学の分野で PhD を取得)が再現実験を通して検証している点にあります。しかしこのあたりの話は、化学音痴の私には全くついていけない領域であるため、以下では残念ながら、歴史学的な叙述の部分にしか焦点を当てていません。

錬金術の歴史を語る上でまず目を遣らなければならないのは、紀元前 6-5 世紀のギリシア語文化圏である。当時この地には、全宇宙の根源となる原理に思いをなす人々が存在した。いわゆる「ソクラテス以前の哲学者たち」である。彼らはめいめいにこの不変の原理を探究し、万物はこれが多様に変化したものにすぎないと主張した。タレース(前 6 世紀)においては水が、レウキッポス(前 5 世紀)とデモクリトス(前 5 世紀)においては原子が、この原理と同定される。そしてエンペドクレス(前 435 年没)に至ると、それは火・空気・水・土の四元素と見なされるようになり、これを受け継ぐかたちでアリストテレス(前 322 年没)が有名な四元素理論を発展させる。錬金術は、こうした古代ギリシアに淵源する自然哲学理論が金属加工技術と融合することで誕生したのだ、とプリンチーペは語る。

舞台となるのは、ヘレニズムからローマ時代のエジプト。紀元前 3 世紀頃、アレクサンドリアの職人たちのあいだで金属加工技術、冶金術が洗練されていく。

* この時代の冶金術の発展状況を示す史料は、紀元後 2-8 世紀に成立した金属加工の断片的レシピのみ。具体的には、冶金に関する 20 数種の書物からの抜粋である最古のものは「デモクリトス」という名の著者による『自然なものと隠されたもの』という 1 世紀後半から 2 世紀にかけて成立した著作の断片)。しかしこれらは Corpus alchemicum graecum (『ギリシア錬金術文書』)という、紀元後 11 世紀のビザンツでまとめられた文書群に収録された状態でしか伝存しておらず、しかもそこには写字生による意図的な取捨選択・改竄等も多く紛れ込んでいる。そのため、紀元前 3 世紀当時の冶金術の精確な実像は解明困難だという(12-14)。

目的は安価な卑金属を高価な金属に似せるというすぐれて商業的なもので、こうした状況は、紀元後の 1-2 世紀頃までつづいていく。しかしながら、おそらく 3 世紀のいずれかの時点で、上述の融合がどうやら発生した。それを証言づける唯一の史料がパノポリス(現在の上エジプトにあるアフミーム[Aḫmīm]に相当)の錬金術師ゾシモス(300 年頃活躍)が残した文書群である。彼は生前 8 点の著作をものしたとされるが、現存するのは『硫黄について』、『オメガの書』(『器具と炉について』序論部)、他著作の序論部、そして「あちこち〔ゾシモス自身の諸著作を指す?〕に記録された抜粋群」のみという状況らしい(17-18; 23, Anm. 21)。ところがギリシア語著作のアラビア語訳(ここには多くの擬ゾシモス文献が含まれるものの、真作も含まれているもよう)というかたちで伝存する書簡群もあるらしく(21, Anm. 17)、著者の論述からだけでは、ゾシモス著作群の全体像はよくわからない。いずれにしても、錬金術史叙述という観点から意識しなければならないのは、彼が史上最初の錬金術師だったわけではないということ。何故なら彼はその著作中で彼以前 / 同時代に活動した錬金術師たちへの批判を行っているから。

ゾシモスにおいては、もはや金属の見た目をのみを変えるという商業的冶金術は影をひそめる。彼の主眼は、あくまで実際に卑金属から貴金属を錬成させることにある。注目すべきは、それが一方で整合的な知的体系を志向する理論主義的なものであり、かつ他方で錬金器具の整備にも心を砕く実験主義的なものだった、という点である(18-19)。彼によれば、あらゆる金属は「身体」(σῶμα)と「精気」(πνεῦμα)という 2 つの部分からなっている。前者は非揮発性で、諸金属が共有する共通の基盤、つまり基体をなす。後者は揮発性で、それぞれの金属が有する諸性質(色彩など)をなす。彼の金属変成理論の根底に横たわるアイディアは、すなわち、揮発的・可変的である精気の部分を操作することで、金に固有の精気を再現し、人工的に金を生み出そうとするものである(19)。そしてそのための実験器具を、彼は当時のエジプトで用いられていた料理道具や、香料製造のような諸工芸で用いられる器材を改良して、使用していた。ただし器具の発明者は、どうやらゾシモス自身ではなく、「ユダヤ人マリア」と呼ばれる女性だったという(彼は著作中で彼女の名を権威としてしばしば挙げる)。

ちなみに指示内容としては異なるものの、ジャービル文書に現れ、その後の錬金術書でも頻繁に繰り返されることになる「水銀」と「硫黄」への執着も、すでにゾシモスにおいて見てとれる(20-21)。くわえて興味深いのが、ゾシモスの秘密主義(寓意と象徴を多様した論述スタイルで、神話化の傾向をもつ当時のグノーシス主義からの影響が推察される)を、ディオクレティアヌス帝(244-311 年在位)の通貨改革、およびエジプトの錬金術弾圧へと関連づける指摘である。帝政期以後、過度の採掘が原因となり、ローマは次第に十分な銀の採掘量を得られなくなっていく、そしてそこでの通貨改革(通貨中の銀の含有量を減少させる)の失敗がさらなる経済の危機を招く、とは古代史に暗い私でも聞きかじったことのある話だが、このとき錬金術弾圧、つまり金と銀の「ケメイア」に関する書物の焚書もなされていた(らしい)ということは、寡聞にして知らなかった。しかし考えてみれば、当然。貴金属を自在に練成されてしまったら、通貨の価値が不安定になるのだ。プリンチーペによれば、ゾシモスはまちがいなく、これら一連の事情を見聞きしており、これもまた彼が秘密主義的なスタイルを採用した理由のひとつかもしれないと推測している。

* 個人的に興味深いのは、彼が金属変成のことを、変成時の色合いの変化に着目して、「染色」(βαφή)と呼ぶ点です(20)。というのも、これとよく似た用語法が存在一性論系諸著でも頻出するから。具体的にいうと、同論では諸神名が互いに作用しあうこと(ここから新たな神名が生まれる)を、しばしば「染色」(inṣibāġ)という語で表現します。P. Kraus の古典的ジャービル研究第 2 巻(Jābir ibn ḤayyānContribution à l’histoire des idées scientifiques dans l’islam. Le Caire: Imprimerie de l’institut français d’archéologie orientale 1942 [repr.: Hildesheim: Olms 1989])によると、ジャービル文書でも物質変成理論において同語根の「染料」(ṣibġ)という語が用いられるそうですが、ここで意味されるのは四元素のうちの火のことらしく(5, 11)、実際に存在一性論の用語法が錬金術の伝統から影響を受けて成立したのかどうかは、完全に不明です。もしそうだとしたら、とてもワクワクする展開ですが。

ゾシモス以後、8 世紀までの錬金術史の詳細は、史料的制約から解明が困難である。数少ない例外として、オリュンピオドロス(6 世紀;有名なアリストテレス注釈者と同一の可能性有)によるゾシモス注釈(散逸)と、ステファノス(7 世紀;新プラトン主義の哲学者・注釈者・天文学者)の『金をつくるための大いなる技について』(617 年に成立)の 2 点は挙げられる。注目されるのは、彼らがいずれも、ゾシモスとは異なり、実際の錬金作業には関心を払っていないということ。彼らが重きを置いたのは、むしろ物質をめぐるタレース以来の古代ギリシア的思惟を錬金術に再応用して、理論的な枠組みを洗練させることだった。そしてこのように理論的に洗練された錬金術が、後のアラビアでは受容・発展されていくことになる(30)。